DVDプレス、CDプレス、DVDボックス、オリジナルパッケージをトータルサポートするメディアロードジャパン株式会社


メディアロードジャパン株式会社

03-3526-9600


CDプレス

ホーム > CDプレス[CDプレスについて]


MENU

〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町1-10-8
石川第二LKビル5F

03-3526-9600

【FAX】03-3526-9598

インターネットでお問い合わせ

CDプレスについて

CDの特徴

CDプレスの前に知っておきたいCDの特徴

CDの構造

コンパクトディスク(Compct Disc)は直径12センチまたは8センチで厚さ1.2mmのデジタル情報を記録するメディアです。1.6μm間隔で並べられたピットという凹凸をレーザー光で読み取り音楽やデータなどの形式で出力されます。ポリカーボネートが原料で、レーザー光を反射させるためのアルミニウムを蒸着させています。さらに、保護層、印字膜を重ねた複数の層から作られています。

CDの容量

ディスクの容量は、約650MBから700MBでオーディオの場合は約74分から80分が最大収録時間となります。


CDの規格

■代表的なフォーマット

CD-DA

音楽等の音声をおさめる規格で12センチCDの場合、原則として最大74分まで記録することができます。データ形式はPCMでサンプリング周波数44.1KHz、量子化ビット深度 16bitのステレオサウンドです。

CD-ROM

主にコンピュータ用のデータで、ISO9660などのフォーマットで記録します。
量産用のマスターCD-Rはディスクアットワンス方式で記録する必要があります。

CD-EXTRA
(CD Plus)

1枚のCDにCD-DAとCD-ROMの2つのセッションが入ったCDです。Enhanced CDも同じですが、違いは曲データとジャケットデータが見れることです。

CD-R

レーザー光で色素を焼ききることによりデータを記録するメディアです。焼ききった所は光が反射せずに通過しデータとして認識します。

CD-RW

構成素子をレーザーで熱し結晶構造を変えることにより反射率を変化させデータとして認識します。CD-Rは一度書き込むと消去できませんがCD-RWは何度でも書き換えが可能です。

プレスについて

国内プレスと海外プレスの違いについて

海外プレスは国内プレスに比べて低価格になりますが納期がかかります。
海外プレスは輸送コストの関係で1000枚以下の場合割高になりますが国内プレスの場合は100枚からでも対応可能です。
品質に関しましてはどちらもISOの認定工場ですので高品質に変わりありません。


その他

CDプレスとCDコピーの違いについて

CDプレスとはマスターからスタンパーという原版を作成し、材料をプレスしてディスクを成型します。 REDBOOK規格に準拠しているため品質面も安定していてエラーも少なく量産向きの製造方法です。
レーベル面はシルクまたはオフセット印刷となります。
CDコピーと比べると製造コストと納期が多くなります。

CDコピーとはマスターから読み込んだデータを直接市販されているCD-Rに書き込んでいく方式です。
小ロットの場合は低コストで製造することができますが、一部再生に対応していない機種などで不具合が発生する場合があります。
また、レーベル面もインクジェット印刷になりますのでプレスと比較すると見た目が違います。